Curator Page

臼井清

ID: KiyoshiUsui

第8回みんなの美術展応募作品から

第8回みんなの美術展応募作品から注目した作品、気に入った作品を選びました。

不用品を素材にしたアート作品は多いですが、ドブネズミの頭蓋骨の選択に驚きました。リサイクルではなくアップサイクル…というよりも、輪廻に近いイメージがわいてきました。

ヘッドラッピングの女性

nunoma.art

色使いにまず目が行きました。鮮やかでいて、一方でプリミティブアートのような印象も受けます。多様性に関心のある作家さんの興味が、画面からにじみ出てくるようです。

水の呼吸

項名雯

リアルな一瞬が画面上に凝固しているようであり、一方で水や光の動きも感じられます。作者の力量でしょうか。ここからさらに冒険的な表現の作品も見てみたいと思いました。

月夜に踊る

勝伸子/Nobuko Katsu

時間の移り変わりがイメージできる、何層もの積み重なりを感じるコラージュ作品が好きで、本作品に目を奪われました。実際の作品を鑑賞してみたいです。

楽器たちの休憩

平松 依里子

楽器を描いた作品が好きで、デュフィ―などがお気に入り。タイトルにも魅かれましたし、何より作風から、音のイメージが広がります。

海の未知なる生物

mon

ああ、これはもう、可愛らしさに「抗えない」ですね。廃材?を素材にすると主張が頑固に見えることがあるのですが、この作品はシンプルでキュートです。

Like?

error290522

「甘いけど、溶けていっちゃう…」という素材に込めた「好き」の思いが面白いなぁと思いました。作者さんの表現方法が楽しいですね。

think

夏草

鑑賞者の「視点」を見られているような感じ。モノクロなので、写真だけではわかりにくい面もありますが、実際の作品は、もっと深みを感じられるのではと思います。

孵 化(それぞれの始まり)

渡辺敏彦

静かなトーンの中で、未来の生命(いのち)をじわじわと感じさせてくれます。立体的に見える? 和紙の質感にシルクスクリーンがどう映えているのか、実際の作品が見てみたいです。

新鮮な空気

明持

コロナ禍にあって、マスク越しの出会いが、人との距離を隔ている「空気感」を示しているよなぁと、この作品から感じます。新鮮な空気を思う存分に感じたいですね。

張子"おかめ"

田中佑佳

ユーモラスな作風の作家さんの味が、よく出ているなぁと思いました。女の子の無邪気な様子と”インスタレーション”しているところも、見どころですね。